NEWS & RELEASE|十方株式会社 Jippou Inc.

社長ブログ

本多

専業主婦歴15年だった私が始めたテレアポバイト・時給900円が4100円になるまで(前編)

2020年8月20日

このブログでは10年の間で、私が見てきたこと、感じたこと、失敗したことなどを中心に

今現在、お仕事で電話営業をされている方、お仕事探し中でテレアポってどうなの?とお考えの方、

テレアポ部隊のマネージメントをされている方に向けて

お役にたてる情報を提供することを目指しています。


テレアポ歴10年、十方株式会社の本多です
。
本日は私がテレアポのパートを始めたきっかけ、そして時給900円から時給4100円になるまで、
というテーマで書きます。

何がきっかけ?なんでテレアポだったのか・・・。

結婚と同時に退職し専業主婦歴は15年でした。
息子が大きくなるに従い、私立中学の学費、塾、習い事の月謝など出費がかさむようになり
(子供ってのは手がかからなくなると同時にお金がかかるようになるのねぇ、パートでもしなくては(^-^;・・・。)
と思ったのが職探しのきっかけです。

30年近く前、知り合いにミウラさんという女性の方がおりまして、
とても話が面白くて気さくで、年齢は私より15歳ほどお姉さんだったのですが
すごく親しみやすくて大好きな方でした。
当時、彼女は美容整形外科のクロスセールスの電話営業をしておりました。
過去に、美容整形の手術をした方に数か月後に電話でアプローチする、という内容でした。
「二重術のその後、どうですか?前回、鼻も気になっていらっしゃるとのことだったので・・」
というような調子で再来院を促す目的の電話営業です。
その時は「へぇ~~世の中には色んな仕事があるものねぇ」と思いつつ何となく、
電話営業という仕事、ちょっと面白そう・・・。と気になっていました。

話が戻りますが・・・
子供の教育費の足しになるようにとWEBなどで仕事探しを始めました。
久々の社会復帰・・・。独身時代はアパレルの販売員でしたが今度は違うことに挑戦したい、と思ったときに
甦ったのがミウラさんの電話営業の話でした。
WEBの求人サイトを覗いてみると電話営業の求人、あるわあるわ・・・星の数ほどありました。(おおげさですね)

15年ぶりの社会復帰・・最初は時間的にも通勤にも無理がないような会社で検索。
通勤時間20分ほど、3駅先にある某会社がWEBで求人を出していたのでエントリーしました。
10時出勤16時退勤。
学校、工場、施設などを対象に紙で渡されたリストをもとに電話営業をするという内容です。
社長と同郷だったという理由で即日採用に・・・。(ちなみに故郷は北海道です。会長も社長も道産子でした(*^^*))
日がな一日電話かけ続けるわけではなく、資料を送付したり、見積りを送ったり、慣れないパワーポイントで資料を作ってみたり・・・
時には専務の腰にシップを貼ったり。「おい、本多、ちょっと腰にシップはってくれ~」と呼ぶもんですから・・・。
アットホームな会社で15年ぶりの社会復帰へのリハビリをさせていただいた、と感謝しています。

この会社では1年間お世話になりました。
ここが初めてテレアポで雇用してくださった会社です。時給は900円でした。
今にして思うと確かに安いですが、都心から離れていますし、仕事内容もそんなに負荷がかからない内容ですし妥当な時給でした。

1年ほど続けていると全然しらない人に電話をかけてセールスをするということにも慣れ始め、
もっと己の力を試したい!私はもっと出来る!などと持ち前の(?)チャレンジ精神がむくむくと沸き起こってきたのです。

同時に、本当に凄いスキルを持ったテレフォンアポインターをこの目で見たい。
東京ならば何処かの会社に日本一のテレフォンアポインターがいて、この目で拝むことができるのでは?
その姿を目に焼き付け、トークを聞くまでは、私はテレアポの仕事をやめるわけにはいかない!とまで思うようになりました。
まさかここから10年やることになるとは夢にも思わなかったのですが、日本一を見たい、という謎の原動力は
いつも私を支えてきて、変化が必要な時には背中を押してくれました。


10年続けて、日本一に出会えたかどうかはまた別の機会にご紹介します。

後編に続きます。

<< 一覧に戻る

資料請求

お問い合わせ

pagetop

Copyright (C) jippou Inc. All Rights Reserved.

Copyright (C) jippou Inc. All Rights Reserved.